あなたと一緒に辛い足の痛みと向き合う、足の痛み專門の整体院

あなたの足底筋膜炎は、必ず改善します。

 

足底筋膜炎でお困りの方に、原因と改善方法をお伝えし、1日でも早く痛みのない体を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

 

こんな症状でお悩みではないですか?

  1. 朝起きたときの一歩目が痛い!
  2. 体外衝撃波治療をしたけど効果がなかった!
  3. 歩くと指の付け根が電気が走ったようにビリっとする
  4. 歩くたびに土踏まずの筋が切れそうになる

 

 

足底筋膜炎(足裏、踵の痛み)とは

 

なかなかよくならない足底腱膜炎は、何が原因でおこるのでしょうか。

足底腱膜炎の原因

 

足底筋膜炎の3つの原因

その1,足への疲労の蓄積

米国足病医協会によると、
歩くだけで足には体重の1.2倍の重さがかかるといわれています。
60キロの人で、72キロの重さが片足にかかるということになります。

ジョギングをされる方や、立ち仕事で、一日中、足に負担がかかる方は、
さらに足の疲れがたまりやすくなります。

足底筋膜炎の原因

その2,冷え

冷え性の人や、季節的に気温がさがると、足の症状を訴える一が多くなります。
足が冷えることで血行が悪くなりアキレス腱の水分が不足し柔軟性を失います。
それによって、足底筋膜が後ろに引っ張られて負担がかかります。

 

足底筋膜炎の原因と治療法

 

その3,間違った治療法による悪化

一般的に行われている足底筋膜炎の治療の方法は、ケガに対する治療法です。
足裏の部分に、

・足裏のストレッチ
・アイシング
・足裏のマッサージ
・インソール
・電気治療
・テーピング
・注射
・手術(体外衝撃波)

 

などの処置をします。血行不良で、古いゴムのようになった足底筋膜に、
直接、マッサージやストレッチを継続的に行うことでより痛めてしまいます。

足底腱膜炎は、頭痛や生理痛と同じ慢性の症状。
そのため、ケガとはもともと治療法がちがいます。
足の痛みでお悩みの多くの方は、間違った治療方法によって悪化していたのです。

 

足底筋膜炎の間違った治療法

 

痛みは骨棘(こつきょく)が原因ではありません

骨棘とよばれる骨が原因だと考えておられる方がとても多いです

しかし、実際には骨にくっついている足底筋膜がひっぱられて痛むだけで、
骨の問題ではありません。

足底筋膜炎の症状

 

足底筋膜炎の症状

 

どんな人がなりやすい?

足底筋膜炎は40歳から50歳以上の方がなりやすい慢性の足裏の痛みです。
マラソンなど足に負担がかかりやすいスポーツをされてる人や、厨房や工場など冷えるところでの長時間の立ち仕事、営業などの歩くことが多い仕事をされてる方によく発症します。


どんな症状?

朝起きたときの一歩目や、すわってから立ち上がる一歩目に足裏(かかと)の部分が痛くなります。
歩行しているうちに楽になることが多いですが、悪くなるにしたがって、朝だけでなく、

・歩いているとき
・仕事の後
・家事などでずっと立っているとき

なども痛みがでるようになります。
かばって歩くことで、足裏だけでなく、土踏まずや、
フクラハギ、ひざ、などにも症状が広がっていく傾向があります。


 

足底筋膜炎の治療法

一般的には、

・電気治療
・マッサージ・ストレッチ
・アイシング
・湿布
・テーピング・インソール
・注射・体外衝撃波

上記のような治療がおこなわれます。
これらの治療をしても、治るのは1ヶ月から3年以内といわれているので
それほど効果のある治療法がないと考えられています。

 


 

痛みの原因は骨棘ではない

 

今日からできる、足の痛みの改善方法 2選!

足底筋膜炎は、
捻挫のようなケガの痛みではなく、頭痛や生理痛に近い慢性痛です。

まずは、アキレス腱などの足の周囲の固さを和らげ、
自律神経を整える、今日からできる対処法をお伝えいたします。

足の痛みの治し方

改善法 その1「足首回し」

足底筋膜炎の原因の一つは、アキレス腱の固さです。
まずはこのアキレス腱の固さをなんとかする必要があります。
それには、この足首まわしが最適!

足首回しのやりかた

足首を大きく、ゆっくりと回すことでアキレス腱やフクラハギの筋肉をゆるめ、足底腱膜への負担をやわらげます。

大きくゆっくりと15回ぐらい。逆回りも同様におこなってください。
もし、パートナーがおられる場合は、受ける一は四つん這いになって行うと、
よりいっそう効果があります。

足底筋膜炎のための足首回し

 

改善法 その2 「ゆっくりお風呂につかる」

入浴には自律神経を整える作用があります。
緊張した身体を、リラックスモードに変えるスイッチになります。

湯船につかることで血行がよくなり、冷えも改善していきます。

足底筋膜炎の生活習慣


ありがとうの声

ここで、あなたよりも、一足早く、辛い症状から卒業した方の声をお伝えしたいと思います。

足底筋膜炎の治療院

 

マラソンに復帰したい!走りたい!

 


 

足裏の痛みの治し方

当院が選ばれる、5つの理由

 

その1,足底腱膜炎(踵、足裏の痛み)に特化した技術

足底筋膜炎は、一般的には効果的な治療法は確率されていません。

そのため、接骨院などで効果がない電気治療やリハビリを何ヶ月も受け、逆に悪化している方が非常に多いのが現状です。

当院では、開院以来10年以上にわたって足の構造を徹底して研究し、短期間で改善する技術を研鑽してきました。

 

その2,どこにいっても治らなかった症状が改善するから

痛みは、最終的に現れた結果です。それに至った原因とプロセスを改善しなければ本当の解決には至らないと考えています。

当院では、足裏の痛みの本当の原因にアプローチし、あなたを辛さから解放します。

足の痛みの治し方

 

その3 足裏の痛みでお困りの方が全国から来院

当院は京都市の中心部にある小さな整体院です。
にもかかわらず、東京、名古屋、九州、北海道など全国から足の症状でお困りの方が最後の駆け込み寺として来院されています。

 

その4,自身も重度の足底筋膜炎で悩み、克服した経験がある

私も、足底筋膜炎に苦しめられた経験があります。
朝起きたときの痛みの怖さや、憂鬱さ、不安や疲れは、同じ症状を味わった人にしかわからないものです。

当院では、【足】の専門家の稲村が、
あなたが自由に好きなことができる体を取り戻すまで、徹底してサポートいたします。

当院は、その場で楽になることを目的とはしていません。
本当の目的は、その先にある、【快適な体で、やりたいことができる自由】です。

 

足裏の痛みの治し方

その5,自律神経に着目した、安全で効果の高い施術

足裏の痛みの原因は、自律神経の乱れにあります。
人間は、心身のストレスにさらされると自律神経が内蔵や筋肉を緊張させます。

その緊張が蓄積してくると体のバランスがくずれ、足の骨のアラインメントが崩れてきます。

当院では、自律神経の働きに着目し、自律神経を整えることで、自然に足が楽になる施術を実現しました。

足底筋膜炎の治し方


こんな方におすすめです

 

  1. どこにいっても治らない足底腱膜炎でお困りの方
  2. 自分の症状の原因を知りたい方
  3. 再発しない予防方法を知りたい方
  4. 自分でできるセルフケアを習いたい方
  5. 昔のように元気になりたい方

ご挨拶

はじめまして、足の痛みの専門家の稲村と申します。
実は、わたしも、足底筋膜炎の”かかと”の痛みに苦しめられた経験があります。

開業してから今までに2500人以上の足底筋膜炎の方と向き合ってきました。

その経験の中でいえることは、足裏の痛みが治りづらいのは、病院や接骨院では、慢性の症状の治療法が確立していないからです。
慢性の痛みの原因を特定し、適切な施術をすれば、あなたの足底筋膜炎は改善します。

プロフィール
1975年大阪うまれ
2004年から整体の道へ
当時、勤務していたフットケアサロンで、ポドロジー(足病学)、
足のバイオメカニクスを学ぶ。
2006年に京都市に開業。

追伸

 

足の裏は、二足歩行で生活する人間にとって、すべての土台になる関節です。
足裏が痛くなり、かばって歩くと、膝や、腰までがバランスを崩して辛さが広がっていってしまいます。

ひどくなる前に、一度、ご相談ください。

お問い合わせ
予約専用ダイヤル
075−251−0266

メールアドレス
info@kyoto-seitai.com
営業時間

10:30から18:00(最終受付17:30)
定休日
毎週火曜日、金曜日
コースと料金
整体コース 6000円(初回は初診料込8000円)
セルフケアコース 15000円

 

 

当院での施術を検討されてる方へ 

足底筋膜炎で来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の生活ができる程度まで改善される方が多いです。

ただ、患部やそのまわりの部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、
もう少し回数がかかることがあります。

まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。

足底筋膜炎・はじめての方へ