あなたと一緒に辛い足の痛みと向き合う、足の痛み專門の整体院

なぜ、圧力を加えずに治療するのか

当院の施術について

当院の施術は、足首に軽く手を置いて行います。
これは、足底筋膜炎で来院されてる方でも、頭痛でも、
膝痛でも、五十肩でもすべて同じ。
なぜ、そんな施術をするのか、よくクライアントさんに聞かれます。

一つは、安全性ということ。
患部にふれず、しかも、ほとんど感じない程度の微圧であれば、
悪化の可能性は限りなくゼロに近い。

もう一つは、

この施術方法が、より人の体を知ることができるという点です。

特定の部分を押したり、揉んだり、矯正したり。
身体に物理刺激を加えると、その刺激によって体が変わります。

変わった結果、現在のバランスでなくなれば、痛みがとれることがよくあります。
しかし、これは改善したとはいえない。

単純にバランスが変わっただけ。身体に余裕がある場合は、
これでも受けた側は改善したように感じます。

物理的な刺激を加えて、仮に痛みがとれても、

刺激をいれてしまうと、身体は予測できない変化が起こるため、
術者側には、何が良かったのか、何が悪かったのか、
本当のところ、正確には把握できません。
だから、上達しづらい。

その点、物理刺激を加えず、患部にも触れないやり方でやると、
正確に原因を特定して施術を行わない限り、身体に変化がおこりません。

正確な施術をおこなったときのみ変化が起こる。
だから、何をすれば、

どう変わるのかがよくわかるということになります。それを積み重ねることで、
本当の体の仕組みを知ることができる。

だから、

・患部に触れない
・圧力を加えない

という、非常に変化の起こしにくい施術を行っています。

これによって、今までの常識にとらわれない新しい施術方法をつくりだそうと考えています。

足底筋膜炎の治療方法