あなたと一緒に辛い足の痛みと向き合う、足の痛み專門の整体院

モートン病の辛さ

 

モートン病、大阪の村田さんのケース

大阪の堺市からご来院の村田さん(仮名)4年ほど前から、
足の拇指球のあたりに痛みがではじめる。

病院では原因不明といわれるが3件目の整形外科で、モートン病と診断される。

はじめは、足の指のすぐ下のラインだけだったが、
だんだん、土踏まず、カカトにも広がって、
今は、足裏全体が痛い。

「ほんとにもう足をつくのが怖くて、歩くのが怖いです」

「ほんとにこのままだったら寝たきりになってしまう気がします」

痛みの不安から精神も少し不安定になってるようです。
問診のあと、お体の状態を診ていきます。

足に触れて体の状態をみていると

・冷えからくる内臓系の緊張
・右股関節
・ストレスの影響
・右肩、
・右肘

施術開始

体に蓄積した筋肉のスパズムをぬいていきます。
反応がすくなくなったところで一旦確認。

「あ、なんか、痛みの範囲がギュッと狭くなりました!」

「全体じゃなくて、土踏まずから先が痛いです。」

再調整を繰り返して確認。

「モートン病の痛いところが残りますけど、それ以外はなくなりました!」

「なんか、奥の方が重だるいというか、なにかが、”ある”ような感じです」

初回は、両足全体の痛みが、足指の下のラインだけに
狭まった状態で一旦終了しました。

・しっかりお風呂につかる
・痛い部分には触れない

この2点に気を付けていただくことをお伝えしました。

足底筋膜炎の生活習慣

 

10日後、2回めの施術

 

「やっていただいた後、足裏全体の痛みが凄く減りました」

「足の中指と薬指のつけ根のあたりの違和感は、逆にハッキリした感じです」

 

周囲の緊張層がとれてきたので、本体が明確になってきたのだと思われます。

前回同様に施術を進めていくと、患部周囲の反応が強くなってきます。

ここで一旦確認

「中指の下の一点だけがなんか違和感があります」

「歩いて足を蹴る時にカクンって手のばね指みたいになります」

患部が反応するので、これを解除して確認。

「あっ、ほぼないですね。うん。もうないと思います」

これで、ほぼ原因はとれていますが、

現在進行形のストレスの影響も強いので、
あと、2,3回の施術で安定してくると思います。

とはいえ、以前のような辛さはでることはないと思いますので、
3週間後にメンテナンスのご予約をいただいて終了しました。

 

足底筋膜炎の治療法

当院での施術を検討されてる方へ

 

来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の運動ができる程度まで改善される方が多いです。

ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、

もう少し回数がかかることがあります。
まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。

足底筋膜炎専科