土踏まずの痛み

土踏まずの引きつるような痛み

足底筋膜炎の治し方

4年ほど前に足底筋膜炎で、右の踵の施術をした大阪のMさん。
趣味でハードにランニングをされています。

「あのあと、ずっとよかったんですけど、先月マラソンを走った後、今度は左の土踏まずがつるような痛みがでてきたんです!」

以前は、カカトの奥に何かが刺さっているような痛みがあったのですが、今回は、歩いて地面をける時に、足裏の腱が切れそうな痛みがあるそうです。

足底筋膜炎の治療法

症状の原因

足首に触れて、体の原因をみていくと、

・冷えからくる内臓系の緊張
・左足首
・左脚全体の可動制限
・ストレス

この4つが主な要因のようです。

足底筋膜炎と筋トレ

施術開始

堆積した筋肉のスパズムを緩めていきます。
ある程度とれたところで一旦、変化を確認

「痛っ!!」

「痛む範囲は小さくなったんですけど、痛みがさっきより強いです」

 

表面を覆っていたぼんやりした痛みの下から、
鋭い痛みが顔をだしました。

残りの緊張を解除して再確認。

「大丈夫です!歩くのは痛くないです」

一回目はここで終了。

 

二回目、10日後。

「あの後、一週間ぐらいすごいよかったんです2,3日ぐらい前からまたちょっと痛いです」

マラソンだけだと思ってたのですが、お話をお聞きしてると、わりと激しいアシュタンガヨガもされてるようで、

痛む部分に荷重をかけることがよくあるようです。

「そういえば、3日前もよくなったんで、調子に乗ってヨガやっちゃったんですよ!」

「大人しくしてればよかったんですけど・・」

ヨガの動きなどを想定して、施術ポイントをリリースして確認。

「あ、消えました!」

これで大体は大丈夫だと思います。マラソンはまだちょっと未知数なので、
練習中に痛みがまだ出るようならご来院いただく形で一旦終了しました。

足底筋膜炎の原因

まとめ

今回は、ランナーによくある土踏まずの痛みでした。

土踏まずが痛いからといっても、土踏まずに原因がない場合が大半です。
多くは、内蔵が冷えていたり、精神的なストレスで体がガチガチになっていたり、その状態で走ると痛みが出るというケースが多いです。

痛いときは、痛む部分ではなく、生活習慣の見直しが一番大切だと考えています。

 

こちらの記事もおすすめです!
生活習慣の改善ポイント3選

 

足裏のつるような痛み

 

 

当院での施術を検討されてる方へ

 

来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の運動ができる程度まで改善される方が多いです。

ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、

もう少し回数がかかることがあります。
まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。

足底筋膜炎専科

 

お問い合わせは

京都市中京区西魚屋町592−1コーポ澤吉301

TEL:075-251-0266

営業時間
10:30〜18:00
定休日
10:30〜18:00
10:30〜18:00
定休日
10:30〜18:00
10:30〜18:00