あなたと一緒に辛い足の痛みと向き合う、足の痛み專門の整体院

小石を踏んでるような違和感

経緯と症状

三重県からご来院の三浦さん(仮名)さん。
60代女性。

「2,3年まえから、歩くと足裏に砂利を踏んでるような違和感があって、鍼とかいろいろやったんですけど、治らなかったんです」

 

「今年に入ってからそれがひどくなって、

砂利というよりビー玉がはいってるような感じがして、うまく地面をつかめない感じになってきました」

たまに足底筋膜炎や坐骨神経痛と診断されて、
この足裏の小石を踏んでるような感覚がある方がこられますが、
踵の痛みなどに比べると治りが遅い印象があります。

足裏の違和感

施術内容

問診のあと、足首に軽く触れて、施術を展開していきます。
主な原因は、

・冷えからくる下腹部の緊張
・右股関節
・仙骨
・帝王切開の手術痕
・全身のバランス

この5つのようです。

これらを足に軽く触れた状態で、自律神経にはたらきかけて解放していきます。
一定量の緊張を和らげた状態で、いったん症状を確認。

「ちょっと、ビー玉みたいなのが小さくなってきました」

「歩くとさっきまで雲の上を歩いてるみたいだったんですけど、安定してきました・・」

仙骨と足との不調和を解放して確認。

「砂粒みたいな感触になって、その厚みがうすくなってきました」

手術痕に絡む複雑な緊張層を解除。

「砂粒というより、足裏に薄いゴムの板が張り付いてるような感じになってきました」

初回はここまでで終了。

足裏のジャリジャリする違和感

2回目、一週間後

「じゃりじゃりする感じはありますけど、前よりずっと楽です」

前回もかなり緊張を解除しましたが、
まだまだ大量の蓄積層があります。

古い緊張層を解除すると、下からまた緊張が湧き出てくる感じです。
これらを解除して確認。

「あっ、いいかも?靴下をもう一枚履いてるようなかんじになってきました」

下腹部のストレス系の緊張を解除して再確認。

「はい。チリチリして痒いような感じがありますが、もうそんなにきつくないです」

 

この違和感を完全にとりさるのは、簡単ではなさそうですが、
あとは、月一のメンテナンスで徐々にとっていけば問題なさそうです。

病院で足底筋膜炎と診断されても、
人によって自覚症状はまちまちです。

足底筋膜炎という決まった状態があるのではなく、
原因のわからない足裏の痛みのことを”足底筋膜炎と呼んでいる

という程度にとらえていただいた方がいいと思います。

足底筋膜炎の治療法

当院での施術を検討されてる方へ

 

来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の運動ができる程度まで改善される方が多いです。

ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、

もう少し回数がかかることがあります。
まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。

足底筋膜炎専科