痛みの感受性

 

長年の足の痛みが取れにくい理由

足底の強い痛みが、数年以上長く続いている方は痛みがとれにくい。
これは、一つとしては、痛みの感受性が上がっているからだと思います。

例えば、ソムリエなら、常に嗅覚をフルに働かせているから、もともとの資質以上に、嗅覚がとぎすまされてくる。

それらを同じで、痛みが常にあり、痛みに意識を集中していると、望んでいなくても、痛みを感じる力が強くなってくる。

そのため、本来ならもう治っているような状態でも、”痛い”と感じるようになってしまう。

長い間の慢性痛のある方は、簡単ではないですが、

・痛みに集中しない
・執着しない

を心がけてください。痛みを感じても、

「今は忙しいからまたあとで!」

と、相手にしないというのも良い方法。
どこか別のところをトントンと叩いて意識をそらすのもいいです。

そうするだけでも、痛みは徐々に、減っていきます。
大切なことは、痛みに集中しない!ということです。

 

足底筋膜炎の意味

お問い合わせは

京都市中京区西魚屋町592−1コーポ澤吉301

TEL:075-251-0266

営業時間
10:30〜18:00
定休日
10:30〜18:00
10:30〜18:00
定休日
10:30〜18:00
10:30〜18:00