あなたと一緒に辛い足の痛みと向き合う、足の痛み專門の整体院

何箇所も痛むことの意味。

 

足底筋膜炎と腰痛の場合

 

「足底筋膜炎と腰痛で困っているんです」

こんなふうなご相談メールをいただきます。
足底筋膜炎の方の8割は、腰や肩など他の部分にも、
痛みや不快感を持っておられます。

そして、病名のついた症状がいくつもあると、
すべて別の症状だと考えておられるようです。

たくさんの関節痛をもっているととらえられるんですね。

しかし、本当にそうなんでしょうか。
たとえば、このヤカンの中は蒸気であふれています。

日で暖められた水蒸気は、
出口を求めて、外に向かって噴出するわけです。

もし、このときクチのところをふさいでしまうと、
今度は蓋から蒸気が噴き出すはずです。

もし、蓋を固定してしまうと、また別のところから噴出します。

人間の体の中に蓄積された緊張も、
この蒸気と同じで、蓄積してくると痛みとして外へでようとします。

当然弱いところからでますから、

・関節部分
・怪我のあと
・手術の後

など、わずかなバランスの崩れがあるとそこに痛みが生じます。
複数の個所にバランスの崩れがあると複数の個所に痛みがでます。

足底筋膜炎の治療法

これが、複数ある痛みの正体なんです。

つまり自律神経が起こした緊張の圧力が一定以上たかまると、
痛みとして外に噴出しているだけなんです。

痛みは枝葉にすぎず、原因は自律神経の緊張だということです。

自律神経の緊張のレベルを下げてあげると、
蒸気の圧力が少なくなるのと同じで、噴出することはなくなります。

当院で自律神経を整えると、
いろんな個所の関節痛が同時になくなっていくのは、そのせいなんですね。
いくつもの個所が痛むと、

どうしても、年だからとネガティブになってしまいますが、
自律神経を整えることで、比較的短期間で改善していきますので、
心配する必要はないですよ。

足底筋膜炎の治療方法

当院での施術を検討されてる方へ

 

来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の運動ができる程度まで改善される方が多いです。

ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、

もう少し回数がかかることがあります。
まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。

足底筋膜炎専科