あなたと一緒に辛い足の痛みと向き合う、足の痛み專門の整体院

足底筋膜炎の治し方 まとめ

足底筋膜炎ってなに?

足底筋膜炎の治し方

 足裏の痛みでお悩みのあなたへ

もしその痛みが土踏まずからかかとにかけた足裏にあるのなら、
その痛みの原因は足底筋膜炎によるものなのかもしれません。

足裏に痛みを感じる症状はいろいろありますが、朝起きてからの最初の一歩、
椅子から立ち上がってからの最初の一歩目などで足裏に痛みを感じるのであれば、
その痛みは足底筋膜炎の初期の症状によるものです。

足底筋膜炎は、そのまま放置して悪化させてしまうと、
日常生活の基本とも言うべき歩くことに恐怖や不安を感じ始めてしまいます。

足の痛みの治し方

 

また、足底筋膜炎はその人の生活習慣、骨格、体質など様々な要因が複雑に絡み合った上で発生する痛みでもあるので、その人その人にあった治し方を見つけなければなりません。

治し方を間違えると、数年以上痛みがつづくこともあるやっかいな症状でもあります。

まずは今の痛みが足底筋膜炎によるものなのかをしっかり見極め、
足底筋膜炎にあったケアを日々の生活に取り入れさせすれば、
足底筋膜炎の痛みを改善することは十分に可能です。

 

足底筋膜炎の症状は?

 

足裏の痛みと治し方

足底筋膜炎になると歩行の度に、足裏のかかとや土踏まずのあたりに、
ズキンと針に刺されたような痛みを感じます。

症状が初期、軽い場合は、歩行を繰り返すうちに痛みは楽になり、
消失してしまうことがあるため、あまり気なりませんが、
そのまま放置し、悪化させてしまった場合、
最悪歩くことすらままない程の痛みを感じるようになってしまいます。

ここでは、“ひょっとして足底筋膜炎なのではないか?”と思っている方のために、足底筋膜炎が原因で痛みを感じるとき、痛みを感じる場所、
さらに症状を悪化させてしまった場合にどうなってしまうの?かについて、
ご紹介いたします。

痛みを感じるとき

 

  • -動き始めて最初に足をついたとき。
  • -歩行、走っている最中。
  • -長い時間、歩行を続けたとき。
  • -長時間立ちっぱなしの状態が続いたとき。
  • -ヒールの高い靴を履いて歩行したとき。
  • -足が地面につく、または離れるとき。

 痛みを感じる場所

足底筋膜炎になった場合、足の裏のかかとに近い部分、
または土踏まずの親指に近い部分、もしくはその両方に痛みを感じるようになります。

かかとや親指付近の土踏まずの周辺でも痛みを感じる場合がありますし、
別の場所が痛み出す場合もあり、これが足底筋膜炎であると自覚しにくくしている要因でもあります。

足裏の痛みの治し方

足底筋膜炎を悪化させてしまうと

足底筋膜炎は、痛みの強さや痛みを感じる頻度、
痛みを感じる場所が日々変化してしまう性質があるため、
足底筋膜炎であることが断定しにくく、適切な対処が出来ないため、
その症状を悪化させてしまう方が大勢いらっしゃいます。

また、足底筋膜炎による痛みを覚えてしまった身体は、痛みが感じにくい姿勢や動きをするようになってしまうので、
痛みをかばって他の個所まで悪くしてしまう場合もあります。

足底筋膜炎の悪化が進み、慢性化してしまうと、身体的な苦痛はもちろんのこと、
以下のような精神的な苦痛も強いられるようになってしまいます。

  • 今まで日課にしていたジョギングが出来ない。
  • 自宅からすぐ近くにバス停までもが遠く感じる
  • 動き始めの一歩目が怖い。
  • いつまでもこの痛みがつづくのかと思うと不安になる。

 

足底筋膜炎になる原因は?

足のアーチ構造

足底筋膜炎になる原因をご存知でしょうか?

・年齢の増加

・体重の増加

・運動不足

・運動のしすぎ

などが原因であると言われています。
ただ、運動不足と運動のしすぎとでは、原因が矛盾していますし、
痩せている人が足底筋膜炎になってしまう場合もあります。

足裏の痛みの原因はアーチの崩れ

足底筋膜は、足裏のかかとから指先にかけて繋がった筋肉で、
この筋膜が足裏全体に渡ってアーチのような構造を形成し、
また保つ事で足裏からの衝撃を吸収するクッションとしての役割を担っています。

足裏の痛みとアーチ

足底筋膜炎になってしまう原因は、
この足底筋膜がクッションとしての機能を失ってしまったことによるもので、
これは足底筋膜と関係の深い、
アキレス腱やフクラハギが固くなってしまったことが原因とも考えられます。

アキレス腱が固くなってしまうと、かかとの骨が引っ張られてしまい、
足底筋膜も引っ張られるようになってしまうからです。
もし、足の裏のかかとや土踏まずの親指付近の痛みに悩まされていて、
原因がわからないようであれば、足首の動きの悪さやアキレス腱、
ふくらはぎが固くなっていないかを確認してみて下さい。

足底筋膜炎の原因をもっと詳しく知りたい方は、こちらも参考になさってください
足底筋膜炎の原因

自宅でできる足底筋膜炎の治し方

足底筋膜炎の治療法

 

足底筋膜炎の原因
足底筋膜炎はアキレス腱が固くなり、足底筋膜が引っ張られ、足裏のクッション機能が低下したことが原因と考えられます。

アキレス腱は、年齢と共に保湿性が下がる傾向があり、
水分を失ってしまうことにより、伸縮性や柔軟性を失ってしまいます。

また冬場や気温の低い朝方などは、血流が不足により、
アキレス腱が冷えてしまっているため、固くなりがちです。

ここでは、固くなってしまったアキレス腱に柔らかさを取り戻すことで、
足底筋膜炎を治す方法をいくつかご紹介いたします。

入浴では湯船に浸かるようにする

足底筋膜炎の生活習慣

足底筋膜炎になった人は、入浴をシャワーだけで済ませている方が多い傾向にあります。

シャワーだけでなく、暖かいお湯に浸かることにより、
全身の筋肉を柔らかくしてくれる効果があるので、
足底筋膜炎の痛みが和らぐことが期待できます。

ふくらはぎをマッサージする

足裏の痛みの治し方

足に痛みを感じる人の大半はふくらはぎが固く、カチカチになっています。

足を動かす上でもふくらはぎの筋肉は重要です。
アキレス腱や、足底筋膜に比較的近い位置にあるふくらはぎをマッサージすることで、
足底筋膜炎によう痛みが和らぐことが期待できます。

また足首が悪い人にも同じことが言えますので、ふくらはぎと併せて、優しく動かす、といったマッサージをしてみて下さい。

 

注意
痛みを増長させるような強いマッサージは、かえって筋肉を緊張させてしまうことにもなりかねないので、絶対にしないようにして下さい。

痛みを感じない範囲を、様々な動きで、少しずつ、継続的に行うことを心がけましょう。

 

あったかグッズを使用して足を冷やさないようにする。

足底筋膜炎のための靴下

温まった筋肉や腱は、緊張がほぐれ、伸縮しやすくなります。

足底筋膜炎と関連の深いアキレス腱も例外ではなく、温める事でアキレス腱の動きも良くなるので、足底筋膜炎の痛みが和らぐことが期待できます。

温めた方としては、一時的な方法であれば足湯、足裏用の使い捨てカイロなど、
予防も兼ねて対処しておきたいのであれば、
靴下やレッグウォーマーなどのあったかグッズで日頃からアキレス腱を冷やさないようにしましょう。

足底筋膜炎のための冷え取りをもっと詳しく知りたい方は

足底筋膜炎のための温活のすすめ 

ストレッチを行う

足底筋膜炎のためのストレッチ

ふくらはぎを中心とした、かんたんなストレッチを行うことで、
ふくらはぎの筋肉とアキレス腱の柔軟性と伸縮性が増し、
血流が良くなる効果が期待できます。

ストレッチは、柔軟性と伸縮性を良くすることで、血流の流れを良くし、
結果としてアキレス腱の冷えの予防と、伸縮性と柔軟性も得られる、
一石二鳥の効果が得られる治し方の一つです。

足を後ろに引いて、アキレス腱を伸ばしたり、靴紐を結ぶときのような、片膝を地面についたりする姿勢を朝起きたときに毎日取り入れてみると良いでしょう。

 

足への負担を減らす

立ち仕事の足の痛み

長時間たちっぱなし、長時間の歩行が日常で強いられる方にとって、
足への負担を減らすことはとても有用です。

足に蓄積した疲労を回復させるには、十分な休養を確保することが必要ですが、
残念ながら仕事やその人の生活の都合上、なかなか改善することが出来ません。

工事現場の作業員の方が履く安全靴や調理場用のなど靴、女性の方は好む靴などは、
クッション性の機能が乏しいため、足への衝撃が強く、足裏筋膜炎だけでなく、
膝や腰へも悪影響を及ぼします。
クッション性に優れた靴や中敷きなどを使用することで、痛みを和らげると同時に、足底筋膜炎の改善も期待できます。

足底筋膜炎の専門家に診てもらうという選択肢も・・・

足裏の痛みの治し方

 

足底筋膜炎は日によって痛みが発症したり、発症しなかったりするため、
自覚しにくく、また痛む場所も変わってしまうので、
足底筋膜炎であることがなかなか断定することができません。

そのため、適切な対処方法になかなかたどり着けず、
症状を悪化させてしまう方が大勢いらっしゃるのも実情です。

また足底筋膜炎は、なってしまった人の症状、体格、骨格、生活習慣などに合わせて、
適切な対処をしなければ、改善を期待することが出来ません。

適切な治し方がなかなか見つからないことが原因で、完治までの期間が数年に及んでしまうケースも実はそれほどめずらしくはないのです。

自身で足底筋膜炎を治すには、期間も根気も必要なため、
足底筋膜炎を早期に治したいのであれば、足底筋膜炎を専門的に取り扱う整体や診療所などに相談してみることが早期改善に繋がります。

また、足底筋膜炎の予防についても相談できるので、一人で悩まずに、
早急に専門家に頼ることも有効な選択肢とも言えます。

こちらもご参考になさってください 足底筋膜炎のための治療院の選び方

足底筋膜炎の治し方

 

まとめ

足の裏の痛みの原因と治し方をまとめてみました。
足底筋膜炎の症状、原因、自宅でできる治し方についてご参考になれば幸いです。

もしその痛みの症状が足底筋膜炎に近い症状のものであれば、
先に紹介した“自宅でできる足底筋膜炎の治し方”をぜひ今日から実践してみてください。

 

日頃の生活習慣を変えさせすれば、
足底筋膜炎は決して改善することができない足の痛みではありません。

それでも足裏の痛みに、改善を感じないようであれば、
迷わず足底筋膜炎に詳しい専門家に相談してみることをおすすめいたします。

 

足裏の痛みの治し方