「踵が痛くて歩けない」三重県のMさんの症例

朝一番は立てずに這ってあるかないといけない

足底筋膜炎の原因と治療法

症状と経緯

三重県津市からご来院のMさん。男性。
15年ほど前から足底筋膜炎になり、痛みには波があるももの、ずっと鎮痛剤をのんで凌いでいる。

とくに朝起きたときの痛みが強く、歩けずにしばらくは、這って動いている状態。

足底筋膜炎は悩んでいる方が多いが、大抵は数ヶ月から長くても数年で自然治癒するのが一般的。

15年というのはかなり長い部類

Mさんも仕事も続けられるか不安になり、なんとかしたいという気持ちが強く、電車で2時間近くかけて来院された。

痛みの原因は骨棘ではない

施術内容

初回の施術

普通、初回で痛みは一旦はゼロになるのが大半だが、Mさんの場合は、初回で半分程度に減ったぐらい。

2回目は10日後

「あのあと2,3日は痛みが少なかったんですが徐々にまたでてきました。」

入浴をしっかりしていただいたようで、今回は症状がとれやすい。
内臓系の緊張、仙腸関節のズレなどを処理して確認。

「あ、踵の痛みがなくなりました。その代り膝から下全体が重くなりました」

同様の施術で確認。

「軽い!信じられない。足に痛みがないのはほんまに何年ぶりか・・」

その後、4回の施術で症状は安定しました。

「ほんとに助かりました。朝のあの恐怖心がなく起きれるのはありがたいです」

足底筋膜炎の原因

Mさんの足の痛みの原因

Mさんの足の痛みは、冷えの影響が強かったです。
もともと、お風呂に浸かる習慣がなく、シャワーで済ませていたのが、根本的な原因のようでした。

また、子供の頃から冷たいものが大好きで、飲み物は冬でも冷蔵庫にいれたお茶をのんでいたそうです。

そのあたりも大きなポイントだと思います。
子供の頃は熱量も活力も豊富なため、少々無理しても大丈夫ですが、中年期になってさすがに無理がでてきたのでしょう。

入浴する習慣と冷たいものの摂取をひかえていただいたことで、症状のわりには短期間で安定しました。

足底筋膜炎の生活習慣

当院での施術を検討されてる方へ

来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の運動ができる程度まで改善される方が多いです。

ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、

もう少し回数がかかることがあります。
まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。

足底筋膜炎専科

 

 

お問い合わせは

京都市中京区西魚屋町592−1コーポ澤吉301

TEL:075-251-0266

営業時間
10:30〜18:00
定休日
10:30〜18:00
10:30〜18:00
定休日
10:30〜18:00
10:30〜18:00