あなたと一緒に辛い足の痛みと向き合う、足の痛み專門の整体院

あなたの足底筋膜炎は、必ず改善します。

足底筋膜炎が治らず、一人で不安になっている方は実は大勢おられます。
このページでは、足裏の痛みの原因と、早期に改善するための治し方をお伝えしていきます。足裏の痛みは必ず改善します。

一人で不安にならず、一緒にがんばって治しましょう。

  • 「たった5分の駅までの道が遠く感じる」
  • 「マラソンが趣味なのに、思うように走れない」
  • 「一歩目が痛く、気分まで落ち込んでしまう」
  • 「もう一生なおらないんじゃないだろうか」

足裏の痛みが思うように治らないと、いつになったら治るのか。
もしかしたら、このまま治らないんじゃないか、不安になってしまいますよね。

足底筋膜炎専科

 

はじめまして、足の痛みの専門家の稲村と申します。
実は、わたしも、足底筋膜炎の”かかと”の痛みに苦しめられた経験があります。

開業してから今までに2500人以上の足底筋膜炎の方と向き合ってきました。

その経験の中でいえることは、足裏の痛みが治りづらいのは、
本当の原因がわかっておらず、治し方に問題があるからです。

足裏の痛みは、適切な治療ををすれば必ずよくなります。
足裏の痛みを治すためには、今までの間違った知識をリセットして
正しい知識を得る必要があります。

あなたの足底筋膜炎の本当の原因は何なのでしょうか。
まずは、そこからみていくことにしましょう。

 

足底筋膜炎(足裏の痛み、踵の痛み)とは

 

どんな人がなりやすい?

足底筋膜炎は40歳から50歳以上の方がなりやすい慢性の足裏の痛みです。
マラソンなど足に負担がかかりやすいスポーツをされてる人や、厨房や工場など冷えるところでの長時間の立ち仕事、
営業などの歩くことが多い仕事をされてる方によく発症します。

病院は何科にいったらいい?

まずは、整形外科にいきましょう。

1,【かかと】の部分を押すと痛みがある
2,レントゲンの検査で骨棘(こつきょく)がある

上記の2点がそろうと足底筋膜炎と診断されることが多いです。

 

どんな症状?

朝起きたときの一歩目や、すわってから立ち上がる一歩目に足裏の部分が痛くなります。
歩行しているうちに楽になることが多いですが、
悪くなるにしたがって、朝だけでなく、

・歩いているとき
・仕事の後
・家事などでずっと立っているとき

なども痛みがでるようになります。
かばって歩くことで、足裏だけでなく、土踏まずや、
フクラハギ、ひざ、などにも痛みが広がっていく傾向があります。

 

どんな治療法がありますか?

一般的には、

・電気治療
・マッサージ・ストレッチ
・アイシング
・湿布
・テーピング・インソール
・注射・体外衝撃波

上記のような治療がおこなわれます。
これらの治療をしても、治るのは1ヶ月から3年以内といわれているので
それほど効果のある治療法がないと考えられています。

足底筋膜炎の原因と治療法

 

一般的な足の痛みの原因

足の痛みの原因
・加齢
・体重の増加
・運動不足

この3つが原因とされますが、運動不足でも痛まない人もいれば、
マラソンランナーのようによく運動する方でも痛くなることがあります。

体重も同様で太っているからといって足底筋膜炎になるわけではありません。

足底筋膜炎の原因と治療法

足底筋膜炎(足裏、かかとの痛み)の原因のまとめ

実は、足底筋膜炎の原因はアキレス腱の固さにあります。

アキレス腱はなぜ固くなる?
1,歩くことによる疲労の蓄積
2,冷え
3,体のクッション性の低下

この3つの要因によって、アキレス腱が固くなり足底筋膜に負担がかかると痛みが出やすくなります。

では、順をおってみていくことにしましょう。

足が痛い人の共通点

足裏の痛みでお悩みの方のお体をみていると、共通するポイントが一つあります。
それは、足首の動きの悪さです。

そのことから、
足裏の痛みの原因のひとつは、アキレス腱の固さだと考えられます。

アキレス腱とは

アキレス腱とは、身体の中でもっとも強い靭帯で、
フクラハギと踵(かかと)の骨をつないでいます。

本来の瑞々しい水分を含んでいるときは柔軟性があって、強靭ですが、
疲労や血行障害がおこると、もろくなります。
中高年の方に足のトラブルが多いのはこのアキレス腱が固くなることが原因だと考えられます。

 

アキレス腱が固くなるとどうなるの?

アキレス腱は、フクラハギと踵(かかと)をつないでいるため、

ここが固くなり縮むと、足裏の筋膜を後ろにひっぱってしまい、足裏やふくらはぎに痛みがでやすくなります。

 

足底筋膜炎の原因 アキレス腱

 

アキレス腱が固くなる2つの理由!

 

1,足への疲労の蓄積

米国足病医協会によると、
人間は歩くだけで足には体重の1.2倍の重さがかかるといわれています。
60キロの人で、72キロの重さが片足にかかるということになります。

厚生労働省の調べでは男性の一日の平均歩数は約7000歩、女性で約6000歩だといわれています。

およそ、一日に400トンから500トンもの負担が蓄積することになります。
ジョギングをされる方や、立ち仕事で、一日中、足に負担がかかる方は、
さらに足の疲れがたまりやすくなります。

足底筋膜炎の原因

2,冷え

冷え性の人や、季節的に気温がさがると、
足裏の痛みを訴える一が多くなります。
足が冷えることで血行が悪くなりアキレス腱の水分が不足し柔軟性を失います。
それによって、足底筋膜が後ろに引っ張られて負担がかかり痛みがでやすくなります。

 

足底筋膜炎の原因と治療法

 

間違った治療法で長期化する人が大半

一般的に行われている足底筋膜炎の治療の方法は、ケガに対する治療法です。
足の痛い部分に、

・足裏のストレッチ
・アイシング
・足裏のマッサージ
・インソール
・電気治療
・テーピング
・注射
・手術(体外衝撃波)

などの処置をします。血行不良で、古いゴムのようになった足底筋膜に、
マッサージやストレッチを継続的に行うことでより痛めてしまいます。

足裏のいたみは、頭痛や生理痛と同じ慢性の痛み
そのため、ケガとはもともと治療法がちがいます。

足の痛みでお悩みの多くの方は、間違った治療方法によって悪化していたのです。

 

足底筋膜炎の間違った治療法

 

痛みは骨棘(こつきょく)が原因ではありません

足のアーチに体重がかかり続けると、足裏の縦のアーチがつぶれて、
足底筋膜が踵の骨を引っ張ります。その状態がながくつづくと、

骨棘という骨が形成されることがあります。
その骨棘とよばれる骨が痛みの原因だと考えておられる方がとても多いです。

画像を見せられて、骨が原因なんていわれるとドキッとしますよね。
しかし、実際には骨にくっついている足底筋膜がひっぱられて痛むだけで、
骨が痛むわけではありません。

 

痛みの原因は骨棘ではない

 

今日からできる、足の痛みのケア2選!

足底筋膜炎の足の痛みは、
捻挫のようなケガの痛みではなく、頭痛や生理痛に近い慢性痛です。

まずは、アキレス腱などの足の周囲の固さを和らげ、
自律神経を整える、今日からできる対処法をお伝えいたします。

 

足裏の痛みの治療法 その1「足首回し」

足底筋膜炎の原因の一つは、アキレス腱の固さです。
まずはこのアキレス腱の固さをなんとかする必要があります。
それには、
この足首まわしが最適!

足首回しのやりかた

足首を大きく、ゆっくりと回すことでアキレス腱やフクラハギの筋肉をゆるめ、足底腱膜への負担をやわらげます。

大きくゆっくりと15回ぐらい。逆回りも同様におこなってください。
もし、パートナーがおられる場合は、受ける一は四つん這いになって行うと、
よりいっそう効果があります。

足底筋膜炎のための足首回し

 

足裏の痛みの治療法 その2 「ゆっくりお風呂につかる」

入浴には自律神経を整える作用があります。
痛みや疲れで緊張した身体を、リラックスモードに変えるスイッチになります。

湯船につかることで血行がよくなり、
冷えも改善し痛みがとれやすくなります。

 

足底筋膜炎の治療院

ありがとうの声

ここで、あなたよりも、一足早く、足の痛みから卒業した方の、声をお伝えしたいと思います。

足が痛くて走れない 

 

足底筋膜炎の治療

 

院長 稲村の感想

福岡からご来院のトライアスロンをされている山千代さん。3ヶ月ほどまえから、
足が痛く病院で足底筋膜炎と診断される。

はやくトレーニングしたいということで、九州から来院されました。
施術は一回目でほぼ痛みがなくなり、
2回目のセルフケアコースでケアの方法をお伝えしました。

「次回は肩こりで困ってる家内もつれてきます!!」

とおっしゃっていただきました。次は100キロマラソンにも出場されるそうです。
奥様、息子様もご紹介いただきました。

 

 

立ち仕事と足裏(かかと)の痛み

院長稲村の感想

「痛くて歩くだけで辛いです」

伏見区からお越しのクライアントさん。
立ち仕事をしておられるが、痛みのために歩行が困難。

仕事がしづらい状態になり来院されました。
初回の施術で痛みが減少、3回目でほぼ痛みがない状態になりました

計4回、約一ヶ月の施術期間で
無事にお仕事ができる状態になられました。

 

あなたの足の痛みは、短期間で改善します

足底筋膜炎は、痛い部分には原因のない慢性の痛みの一種です。
しかし、今まで足底筋膜炎は、
痛い部分に原因があるということが前提の急性痛の治療をされてきました。
代表的なのは、

・足裏のストレッチ
・アイシング
・足裏のマッサージ
・インソール

などです。そのため原因は解決せず、症状は改善しなかったのです。
足底筋膜炎は、慢性痛を治すための正しい治療を行えば、
ほとんどの場合は一ヶ月以内に改善します。

 

踵の痛みがおしえてくれること

 

当院での施術を検討されてる方へ

足底筋膜炎で来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の生活ができる程度まで改善される方が多いです。

ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、
もう少し回数がかかることがあります。

まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。

足底筋膜炎専科
ご予約専用ダイヤル
075−251−0266
営業時間 10:30から18:00
(最終受付17:30)
定休日 火曜・金曜
(土日祝日も営業!)
info@kyoto-seitai.com