あなたと一緒に辛い足の痛みと向き合う、足の痛み專門の整体院

足裏の痛みで不安な日々をおくっているあなたへ

足底筋膜炎が治らず、一人で不安になっている方は実は大勢おられます。
このページでは、足裏の痛みの原因と、早期に改善するための治し方をお伝えしていきます。足底筋膜炎は、必ず改善します。

一人で不安にならず、一緒にがんばって治しましょう。

  • 「たった5分の駅までの道が遠く感じる」
  • 「マラソンが趣味なのに、思うように走れない」
  • 「一歩目が痛く、気分まで落ち込んでしまう」
  • 「もう一生なおらないんじゃないだろうか」

足裏の痛みが思うように治らないと、いつになったら治るのか。
もしかしたら、このまま治らないんじゃないか、不安になってしまいますよね。

足底筋膜炎専科

 

はじめまして、足の痛みの専門家の稲村と申します。
実は、わたしも、足底筋膜炎の”かかと”の痛みに苦しめられた経験があります。

開業してから今までに2500人以上の足底筋膜炎の方と向き合ってきました。

その経験の中でいえることは、足裏の痛みが治りづらいのは、
本当の原因がわかっておらず、治し方に問題があるからです。

足裏の痛みは、適切な治療ををすれば必ずよくなります。
足裏の痛みを治すためには、今までの間違った知識をリセットして
正しい知識を得る必要があります。

あなたの足底筋膜炎の本当の原因は何なのでしょうか。
まずは、そこからみていくことにしましょう。

 

足底筋膜炎(足裏の痛み、踵の痛み)とは

 

どんな人がなりやすい? 

足底筋膜炎は40歳から50歳以上の方がなりやすい慢性の足裏の痛みです。
マラソンなど足に負担がかかりやすいスポーツをされてる人や、厨房や工場など冷えるところでの長時間の立ち仕事、
営業などの歩くことが多い仕事をされてる方によく発症します。

病院は何科にいったらいい?

まずは、整形外科にいきましょう。

1,【かかと】の部分を押すと痛みがある
2,レントゲンの検査で骨棘(こつきょく)がある

上記の2点がそろうと足底筋膜炎と診断されることが多いです。

 

どんな症状? 

朝起きたときの一歩目や、すわってから立ち上がる一歩目に足裏の部分が痛くなります。
歩行しているうちに楽になることが多いですが、
悪くなるにしたがって、朝だけでなく、

・歩いているとき
・仕事の後
・家事などでずっと立っているとき

なども痛みがでるようになります。
かばって歩くことで、足裏だけでなく、土踏まずや、
フクラハギ、ひざ、などにも痛みが広がっていく傾向があります。

 

どんな治療法がありますか?

一般的には、

・電気治療
・マッサージ・ストレッチ
・アイシング
・湿布
・テーピング・インソール
・注射・体外衝撃波

上記のような治療がおこなわれます。
これらの治療をしても、治るのは1ヶ月から3年以内といわれているので
それほど効果のある治療法がないと考えられています。

足底筋膜炎の原因と治療法

足底筋膜炎は手術したほうがいい? 

効果について賛否あるため、手術することはあまりなく、
ほとんどの人は保存療法をされます。

足底筋膜炎の治療

足の痛みの原因 

足の痛みの原因
・加齢
・体重の増加
・運動不足

この3つが原因とされますが、運動不足でも痛まない人もいれば、
マラソンランナーのようによく運動する方でも痛くなることがあります。

体重も同様で太っているからといって足底筋膜炎になるわけではありません。

足底筋膜炎の原因と治療法

足が痛い人の共通点

足のお悩みの方のお体をみていると、共通するポイントが一つあります。
それは、足首の動きの悪さです。

そのことから、
足裏の痛みの原因のひとつは、アキレス腱の固さだと考えられます。

アキレス腱とは

アキレス腱とは、身体の中でもっとも強い靭帯で、
フクラハギと踵(かかと)の骨をつないでいます。

ギリシャ神話の不死身のアキレスの唯一の弱点ということから名付けられました。
本来の瑞々しい水分を含んでいるときは柔軟性に富み、強靭ですが、
疲労や血行障害がおこると、固く、もろくなります。
中高年の方に足のトラブルが多いのはこのアキレス腱が固くなることが原因だと考えられます。

 

アキレス腱が固くなるとどうなるの?

 

アキレス腱は、フクラハギと踵(かかと)をつないでいるため、
ここが固くなり縮むと、足裏の筋膜を後ろにひっぱってしまいます。

足裏が痛いかたは、【ふくらはぎ】も痛いという方が多いのは
アキレス腱と足底筋膜とのつながりによるものだと考えられます。

 

足底筋膜炎の原因 アキレス腱

 

アキレス腱が固くなる3つの要因

 

1,足への疲労の蓄積 

米国足病医協会によると、
人間は歩くだけで足には体重の1.2倍の重さがかかるといわれています。
60キロの人で、72キロの重さが片足にかかるということになります。

厚生労働省の調べでは、男性の一日の平均歩数は約7000歩、
女性で約6000歩だといわれています。

単純計算で一日に400トンから500トンもの負担がかかることになります。
立ち仕事で立ってる時間が長い方や、マラソンランナーの方は、
それよりも、もっと多くの負担が足にかかってしまいます。

そのためアキレス腱がだんだん疲れて固くなっていきます。

足底筋膜炎とマラソン

2,冷え 

冷え性の人や、エアコンなど、気温がさがると、足底の痛みを訴える一が多くなります。
足が冷えることで血行が悪くなりアキレス腱の水分が不足し柔軟性を失います。
それによって、アキレス腱が踵(かかと)の骨を引っ張り、更に血流が悪くなります。

 

3,身体の固さによって全身のクッション性が落ちる 

足底筋膜炎になりやすい人は、体が固い人が多いです。

筋肉がやわらかい場合、体重を腰やその他の筋肉が分散して支えてくれます。
しかし、身体が固い場合はうまく分散できずに、体重が足にかかり、
アーチが崩れて足が疲れやすくなり、痛みが出やすくなります。

足底筋膜炎の原因は体の固さ?

 

足の痛みは骨棘(こつきょく)が原因ではありません

 

足のアーチに負担がかかりすぎると、アーチが下がり、
足底筋膜がピンと張った状態がづづくと骨棘(こつきょく)というトゲがでてきます。

このトゲが痛みの原因だと考えておられる方がとても多いです。

骨が原因なんていわれるとドキッとしますよね。
しかし、実際に痛むのは骨ではなく、ピンと引っ張られた筋膜です。
骨が痛いわけではありませんのでご安心ください。

足底筋膜炎の治療法

足底筋膜炎(足裏、かかとの痛み)の原因のまとめ

足底筋膜炎の原因はアキレス腱の固さだったのです。

アキレス腱の固さの原因
1,歩くことによる疲労の蓄積
2,冷え
3,体のクッション性の低下

この3つの要因によって、固くなり足底筋膜に負担がかかると痛みが出やすくなります。

 

足底筋膜炎が治らないたった一つの理由

 

では、なぜ足の痛みが治らないのでしょうか?

足裏の痛みを治す上で、知っておきたい2つのキーワードがあります。
それは、急性痛と慢性痛という2つの痛みです。

1,急性痛とは

捻挫(ねんざ)や打ち身のようなケガの事。
ゆっくり休んでいれば多くは3週間以内によくなります。

2,慢性痛とは 

痛みを感じるところに原因ははなく、他の部位の影響で痛みがでる症状。
数か月から数十年かかるような場合もあります。

安静にしていても治らないという点からも、
足底筋膜炎は炎症による急性痛ではなく、筋肉の緊張による慢性的な痛みだと考えられます。

足底筋膜炎は捻挫よりも頭痛などに近い痛みだと考えられます

 

足底筋膜炎の原因と治療法

 

急性痛と慢性痛の混同が治らない原因だった 

 

整形外科や、整骨院は、ケガ(急性痛)のための專門機関です。
そのため、ケガを治すための検査や治療をします。

捻挫(ねんざ)や打ち身ではない足裏の痛みに、ケガのための治療(アイシングなど)をおこなっても、そもそも効果は期待できないのです。

これは、頭痛のときに頭に湿布をはるようなものです。

かかとの痛みの治療法

今日からできる!足裏の痛みの治し方2選! 

 

毎日の足の痛みはとにかく辛い。とりあえず、いますぐ痛みをなんとかしたいですよね。
そのために今日からできる一番有効な治し方をご紹介いたします。

 

その1 毎日、しっかりとお風呂につかる 

多くの、足裏の痛みをうったえる人と接して気がついたのは、
来院される方の8割は湯船につかる習慣がなかったのです。
毎日おふろに浸かることで、自律神経の副交感神経神経がはたらき、
筋肉がやわらかくなり、痛みがとれやすくなります。

 

その2 ふくらはぎのマッサージ 

足を動かす筋肉は、フクラハギにあります。
足裏の痛みを抱えている人は足首が固く、フクラハギの筋肉が固くこっています。これをやさしくほぐしてあげることで、
足底筋膜への負担がやわらぎ、痛みが改善しやすくなります。

足底筋膜炎のケア方法

 

 

当院がお手伝いできること

 

当院の2つのお約束

 

今まで、15年以上、足底筋膜炎をみてきて感じるのは、
足裏が痛くなった原因は人それぞれ、生活習慣も、骨格も、性格もみなさん違います
100人いれば、100通りの【足裏の痛み】があるということです。

そのため、決まった治し方はありません。
ひとりひとりの原因をみつける必要があります。

足底筋膜炎の原因と治療法

お約束 その1 「足底筋膜炎になるシステムを改善します!」 

当院では、痛い部分に原因はなく、
全身のクッション性の低下で足に負担がかかることで、足裏に痛みがでていると考えています。

そのため、全身のクッション性を回復させることに着目し、
足に負担のかからない体をつくっていきます。

 

お約束 その2 稲村が責任を持って施術いたします 

西洋医学とは違い、東洋医学の場合は、その人の経験や感覚がとても大切です。
アナログな職人作業と言ってもいいと思います。

一人の人をきちんと診ることができるようになるまでには、
どんなに少なくとも10年以上の人の体をみる経験は必要です。

でも、残念ながら、現実には、足底筋膜炎の専門院でも、
1年や2年のキャリアのスタッフが、施術にあたっているのが現状です。

当院では20年の臨床経験のある稲村が、
初回から、あなたが、普通に走れるようになるまで責任を持って施術にあたります。

足底筋膜炎の治療院

 

「足が痛くて出かける気になれない・・」

「孫といっしょに遊んであげたい!」

「いつまでこんな状態が続くんだろう・・・」

 

こんな不安や、足裏の痛みにふり回される毎日は辛いです。
少しでも早くよくなって、スポーツをしたり、買い物をしたり、
当たり前の生活にもどるお手伝いできたら幸いです。

長くつづく痛み。一人で不安なときは、一人で考え込まずにご相談ください
一緒にがんばりましょう!

 

当院での施術を検討されてる方へ 

来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の運動ができる程度まで改善される方が多いです。

ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、ストレッチなどで刺激をしている場合は、
もう少し回数がかかることがあります。
まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。

足底筋膜炎・はじめての方へ