あなたの足の痛みが治らない2つの理由



足底筋膜炎は一般的には、
1ヶ月から数年で自然治癒すると言われています。
1ヶ月ならまだしも、この痛みが数年続くと考えると
気が遠くなりますよね。
捻挫や打撲でも一ヶ月以内には治癒します。

しかし、なぜ、足底筋膜炎は長期間、治らないのでしょうか。

そこには、今まであまり知られてなかった治らない原因があります。
それは、従来の足底筋膜炎の治療法にあります。


足底筋膜炎の治療

足底筋膜炎の治療法

足底筋膜炎で、病院や接骨院に行かれたことがある方は、
下記の治療法のどれかをうけたことがあるのではないでしょうか。

1,アイシング
2,電気治療
3,ストレッチ(マッサージ)
3,筋トレ(タオルギャザー)
4,テーピング
5,インソール
6、湿布
7,注射・体外衝撃波
8.手術


この8つが足底筋膜炎の主な治療法です。
これらはどんな目的があってどんな効果があるのでしょうか。
代表的なものをいくつかみていきましょう。


足底筋膜炎の治療

1,アイシング


アイシングの目的

足底筋膜炎の代表的な治療法といえばアイシングではないでしょうか。
アイシングは患部を冷やすことで、痛覚をマヒさせることが目的です。
脳は痛みを感じると、痛みを感じた付近の筋肉を硬直(スパズム)させます。
これによって痛みが増します。
アイシングで痛みをマヒさせることで筋肉のスパズムを弱めることができます。

アイシングをするときの注意する点




アイシングは、RICE処置の一つで、
患部を冷やすことで痛みを感じにくくする応急措置です。
慢性痛を根治させるための治療法ではありません。

アイシングで楽になっても動き回ってしまうと逆に悪化の危険性があります。
動き回らずに安静にし回復を待つようにしましょう。
また、アイシングは代謝を抑える働きもありますので、
やりすぎると血行が悪くなり、回復が遅れる原因になります。


足底筋膜炎の治療

2,足裏のストレッチ


足底筋膜炎のストレッチの目的



ストレッチは、筋肉を適切な強さで伸ばすことで、血行を改善して、
筋肉の緊張や疲労をとり、関節の可動域を広げるのが目的です。

足底筋膜炎のストレッチで注意する点



痛みが出ている足底筋膜は、負担がかかって古いゴムのようになった状態です。
直接足裏を伸ばすストレッチをすると、その部分をより痛める可能性があります。
ストレッチをする場合は、足裏を直接伸ばすのではなく、
足裏と関連しているフクラハギを伸ばしたり、足首を回したり間接的に行うのが効果的です。
強く伸ばしすぎると逆に固くなってしまいますので伸ばしすぎにも注意してください。


これだけやっておけば大丈夫!足底筋膜炎の厳選ストレッチ!はこちら>>>


足底筋膜炎のストレッチ



4,筋トレ(タオルギャザー)


筋トレの目的



筋肉を強くすることで、血の循環が良くなり、筋力がつよくなります。
血行がよくなることで、
ケガを防ぐ効果もあります。
また、意識して動かすことで神経が促通し、

動かしにくかったり、麻痺している場合のリハビリにも適しています。

筋トレをするときに注意する点



筋トレは、痛い部分に行わないのが基本です。
本来、筋力回復のためのリハビリや、麻痺したところを動かして、
神経を促通させるために行うものです。
痛い部分を筋トレすると痛みがより悪化する可能性があります。
タオルギャザーのような足裏の筋トレは、
足の痛みが治ってから予防のためにおこなうようにしましょう。


足底筋膜炎の治療



足底筋膜炎の治療が慢性化の原因だった



いかがだったでしょうか。
ここでは、代表的な3つの足底筋膜炎の治療法をお伝えしました。

足底筋膜炎の治療法で共通することが一点あります。
それは、痛い部分に刺激を加えること
痛いところは弱くなっているところ、そこに刺激を加えたり筋トレをすることは弱いところに無理な負担をかけていることになります。
その部分にマッサージやストレッチなどの刺激を加えることで、
足底筋膜炎が治らない原因になっていたのです。



なぜ、慢性化させるような治療法が一般的になっているのでしょうか。
理由は2つあります。


足底腱膜炎が治らない理由

あなたの痛みが治らない2つの理由


その1  ケガのための治療法

一般的に行われる、足底筋膜炎の治療法は、
昔からある捻挫や打撲のための治療方法です。
捻挫であれば、アイシングやテーピングは適切です。


しかし、足底筋膜炎は肩こり同様、慢性の痛みでケガではありません。
怪我の処置をしてもそもそも効果は期待できないのです。


しかし、効果的な方法がないため、何十年も前から行われているケガのための治療法がいまもつづけられているのが現状です。


理由その2  【治療ではなく鎮痛が目的になっている】



足底筋膜炎を根治させる有効な治療法がないため、

「治す」という発想ではなく「鎮痛」が目的になっています。
そのため、アイシングや注射のように痛みをとめる治療が主流になり、

その場は少し楽になるがいつまでたっても治らないという状態になってしまいます。
足底筋膜炎を完治させるためには【治療=原因の解決】という視点が必要です。


足底筋膜炎の治療法

まとめ



多くの人がよかれと思ってやっていた足底筋膜炎の治療。
皮肉なことに、これらの治療が逆に治らない原因をつくっていたのです。


では、慢性の痛みである足底筋膜炎は、どうすれば改善するのでしょうか。



今日からできる、足底筋膜炎のケア3選!

まずは、足の周りのこわばった筋肉をゆるめ、
自律神経を整える、今日からできる対処法をお伝えいたします。


足底筋膜炎の治療

足底筋膜炎の治療法 その1「足首回し」



足底筋膜炎の原因の一つは、アキレス腱の固さです。
足首を大きく、ゆっくりと回すことでアキレス腱やフクラハギの筋肉をゆるめ、
足底腱膜への負担をやわらげます。
大きくゆっくりと15回ぐらい。逆回りも同様におこなってください。


足底筋膜炎の治療、足首回し



足底筋膜炎の治療法 その2 「フクラハギのマッサージ」



足の裏が痛い場合、足裏を直接マッサージすると悪化の可能性が高くなります。
フクラハギの筋肉は、足首の動きと深い関係があります。
ふくらはぎをやさしくマッサージして緩めることで、足裏を間接的に緩めることができます。


ふくらはぎのマッサージ

足底筋膜炎の治療法 その3 「入浴」



入浴には自律神経を整える作用があります。
痛みや疲れで緊張した身体を、リラックスモードに変えるスイッチになります。
また、細胞を修復し、免疫力を上げるヒートショックプロテインを増やす働きがあります。
湯船につかることで水圧によって血行がよくなり、
冷えも改善し痛みがとれやすくなります。




今日から実践!足底筋膜炎のための生活習慣改善ポイント3選!


足底筋膜炎の治療、入浴



痛みがおしえてくれること

痛みがあると、毎日が辛いです。
好きなこともできないし、
仕事や家事も何倍も大変。
いつ治るのかもわからないし、
日々、ストレスがたまります。


でも、痛みは、体を守るための信号です。
暑さや寒さ、痛みを感じることで、人は自分の体を守ることができます。
では、今の痛みは、私達に何を知らせようとしているのでしょうか。

生活習慣を見直す必要があるのか。
根本的な体のケアを必要としているのか。
少なくとも、あなたの心身が悲鳴を上げている声なのは間違いありません。

今、足が痛くなることで、将来なにかの病気にかかるのを
防ぐために早めに知らせてくれているのかもしれません。

せっかく体が教えてくれたのだから、
生活習慣を見直し、今回の痛みをチャンスに変えましょう。


痛みがおしえてくれること


当院での施術を検討されてる方へ



来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の運動ができる程度まで改善される方が多いです。


ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、
もう少し回数がかかることがあります。


まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。


はじめての方へ