一回目の施術がおわったあなたへ


こんにちは。
整体師の稲村です。
初回の施術はいかがでしたでしょうか。
当院の施術は外部からの刺激はほとんどない
体を内側から整える”整体法になっております。

よくいただくご質問をまとめてみました。
ご参考になれば幸いです。

施術後の数日間の体の変化について。


初回の施術直後、
一般的には8割から9割の方は一旦痛みがゼロの状態になります。


慢性の関節症の原因は、
シンプルに言えば心理的、物理的ストレスの蓄積です。

これらは海の上に浮かぶ氷山のようになっています。
海面から出ている部分だけが症状として感じられる状態になっています。
初回の施術で痛みがすべてなくなったかたは、
表面の氷山の部分がなくなっている状態だとイメージしていただければと思います。


足底筋膜炎のストレッチ


しかし、原因が海面よりも下にまだ残っている場合は、
少し時間がたつと、残っている層が表面にでてくることによって、
症状があらわれてくることがあります。


「ぶり返した」と思う方もおられますが、
これは本来海面より下にあるものが上にでてきているだけで
一旦とったものはぶりかえすことはありません。


この残っている氷山をすべてとりきった状態が、
整体という見方で見た健康という状態になり、
大半の方は症状は消失します。
(心理的に強いストレスを抱えている場合、冷え障害,患部への強い刺激などで自律神経が過緊張状態の場合は症状がとれないケースもまれにあります)


施術後、治す力を取り戻した体が一週間ぐらいの間、
懸命にはたらきますので、その間は症状が出たり引いたり、
違う部分ででたりと変化することがありますが
回復の過程なのであまり気にしないで次回まで過ごしていただければと思います。


足底筋膜炎と踵骨棘



足を触っているだけなのになぜ痛みがとれていくのですか?



一番よくいただくご質問なのですが、
当院の施術は一般的な整体のように直接筋肉や骨を押したりはしません。


怪我ではない関節痛というのは、
大半は自律神経が起こした緊張が原因になっています。


人間の体は、
自律神経という神経が外の温度変化やストレスなどから体をまもってくれています。
弱いところを守るという性質をもっていますので、
女性であれば、子宮や卵巣を守ることになります。


心理的物理的ストレスがずっと続いてる場合は、
その緊張がどんどん蓄積していくことになり子宮、
卵巣の過緊張は、頭痛や生理痛の原因になってしまいます。


このように、頭痛などの場合でも原因は、卵巣だったりします。

つまり、よくいわれるような、
筋肉の凝りや骨のゆがみやズレが原因ではなく、
原因は体の深い内側にあるということになります。


足首から触診で体の内側の情報を読み取ることと、
自律神経に直接はたらきかけることによって全身を調整し、
体を内側から整えるのが当院の施術の特色になっています。


足底筋膜炎と踵骨棘



通う頻度について。



整体はかならずしも、頻繁に通えばよくなるというものでもありません。
症状にもよりますが初回から2回目は一週間程度。
2回目以降は2週間程度あけていくのが一般的になっています。


一旦お体の状態がよくなっても、
冷えやストレスなどが自律神経を刺激しやすい状態の場合は、
ストレスに対する体力をつけるためにも一月に一回程度のメンテナンスをおすすめてしています。



冷え取りについて



慢性の関節症の大きな原因は、
冷えと心理的なストレスだと考えています。

漢方など中国の医学では、
体の不調の原因を六淫六邪といい、12あるといわれています。
その中でも、ほとんどの方の体に診られるのが風邪(ふうじゃ)
いわゆる冷えです。
冷えとは冷え症とは異なり、体の温度差のことです。


たとえば上半身は通常37度近くありますが、
足は20度程度の方がおおいといわれています。
これが冷えですから、ほぼ全員に冷えがあるといえます。
ただ、冷えを自覚していない隠れ冷え症は非常に多いといえます。


その中でも冷えの強い状態がある場合は、
これらが諸症状のベースになっていることが多いと感じています。


そのために、なるべく毎日しっかりと入浴をし、
服装、食べ物、飲み物も冷えないものを心がけるようにしていただけると
症状の回復もはやまり、施術回数も少なく終了することができます。


足底筋膜炎の原因



家でのケアについて



”筋肉が少ないのが痛みの原因”というようなアドバイスを真に受けてしまって、
痛いところをトレーニングして余計に悪化させたり、
痛いところを揉んだり押したり、ストレッチなどをして悪化させる方が多くおられます。


慢性の関節症については、
温めるということがもっともよいセルフケアになります。
痛みがあるときは、痛む動作を極力せずに、
あとは頭寒足熱の原理で下半身を主に体を温めてください。


・痛いところはストレッチしたり揉んだり叩いたりしてはいけない
・ストレッチは痛くなくなってから予防のために行う

整体の適応範囲



当サイトは足底筋膜炎による痛みは足自体の問題ではなく、
自律神経の問題であるということをテーマに扱ったものですが、
整体の施術は、実際には全身に働きかけるものです。
そのため膝が痛くて来院されている方でも、
もともとある肩凝りや片頭痛、腰痛、花粉症、便秘などの諸症状も同時によくなっていきます。


当院の整体は、体の内側を整えることによって、
”疲れにくい体をつくる”ことを目的としております。


足底筋膜炎や踵骨棘の治療法