身体は愛想がい。

足底筋膜炎の原因と治療法


日々、施術をしていると、
体は愛想がいいと感じます。
どういうことなのでしょうか。


体は、適切じゃない施術や、ストレッチなどをしても、
いったん痛みがとれてくれることがあります。


これは、以前にも書きましたが、

痛みというのは、
「今のバランスはあまりよくないですよ」
という体からの警告のための信号なんです。


だから、今のバランスでさえなくなれば、
結果としてより悪い状態になっても、
痛みがとれることがあります。


だから、温めろという人がいたり、

冷やせという人がいたり、
ストレッチしろ!という人や、するな!という人もいる。


世の中に無数の治療法があるのは、
この、体の愛想のよさのせいでもあるんですね。
体はわりと八方美人なところがあります。


でも、これじゃ、受ける人には、
本当は何がいいのかがわからない。
愛想のよさが、かえって困るんですよね。


受ける側が判断するとすれば、
症状が同時並行的に減っていくかどうか
で判断するしかないかなと今は感じています。


本質的にバランスが整えば、
困っている部分だけでなく、
感じる症状は、ほぼすべてなくなるはずだからです。


逆に、足はよくなったけど、
腰と肩が痛いというような結果になった場合は、
バランスが整ってよくなったというより、


バランスが悪くなったけど、
体は愛想がいいので痛みが減ったということになります。