足底筋膜炎と頑固な肩こり

足底筋膜炎の原因と治療法

福井県からご来院のNさん。30代女性。

「毎日朝起きて、一歩目が、
釘を踏んだみたいにビリって痛むんです!」


「歩いてたらちょっとずつマシになって、
歩きすぎるとまた痛くなってきます」

半年ほど前から、右足の踵がいたくなりはじめ、
しばらくすると、痛みは、
踵、土踏まず、母指球のあたりまで広がってきたそうです。


今は、足の甲も含めて足全体が痛い状態。


一番痛いのは朝起きたときで、
最近は普通に歩いてても足裏がつっぱったような痛みがある


あとは、中学生ぐらいからのひどい肩こり。
マッサージ屋さんにいくと、


「背中が甲羅みたいになっとる!」

といわれるそうです。


問診のあと、
施術を展開していきます。


・右股関節
・下腹部
・仙骨
・右ひざの骨折の影響


全身のバランスを調整しながら、
これらを中心に解除していきます。
いったん確認。


「えーと、足裏全体が痛かったのが、それがなくなって
土踏まずと踵に集中してきました!」


右ひざの骨折の影響を解除して再確認。
「あれ、ほとんどないかも・・・」


『肩はどうですか?軽くなりました?』


「え?肩、うーん正直あんまりかわらないです」
「なんか、どよーんと背負ったような感じです」


初回はいったんここで終了。
主訴の足底筋膜炎(足の痛み)はそうではないですが、

肩は手ごわそうです。