足底筋膜炎を治すために普段気をつけたいこと4選!

足底筋膜炎を少しでも早く治すためにできること



画像の説明

足底筋膜炎は、早期に改善します



足底筋膜炎は、
発症すると数か月から数年は痛みが続くといわれますが、
適切な処置をすれば、多くは一か月以内には症状は改善します。


足底筋膜炎は、
発症後の処置が悪いために痛みがとれにくくなっているケースがほとんどです

足底筋膜炎になりたての方も、
長い間痛みを抱えておられる方もこのページを読んで
ご自身のケアに役立てていただければと思います。


足底筋膜炎を改善のポイント




知られてなかった足底筋膜炎でNGなケア、4選!



足底筋膜炎が悪化しやすいケアを4つあげてみました。
しかし、この4つは一番行われているケアの方法でもあります。


このように間違った方法でケアすることによって
本来、改善しやすい足底筋膜炎を治りにくい症状にしているのです。


足底筋膜炎改善のポイントは、足し算の発想ではなく、
引き算の発想でケアするということ。



足が痛いときにやってはいけない治療

その① アイシング



アイシングの本来の目的は、
急激に冷やすことで感覚を鈍くして痛みを感じにくくすることです。
治療というより応急措置です。


そのため、打撲直後などでなければあまり効果的とはいえません。
また、患部を冷やしすぎると、
血行が悪くなり回復しにくい状態になってしまいます。
足底筋膜炎の場合は、アイシングよりも、
しっかり入浴して全身を温めるようにしてください



その② 運動



足底筋膜炎でも、
ウォーキングをしたり、水中歩行などの運動をしたほうが、
早く治ると思っている方がおられます。


”痛い”ということは、その動作をしないでくださいという体からの信号です。
患部が痛い状態で運動をすることによって、
自律神経が患部を守るためにより強く緊張し痛みは強くなり治りづらくなります。


痛みがあるときは運動を休止し、
体をよく温めておけば悪化はかなりの割合で防ぐことができます。



足が痛いときに運動は逆効果

その③ 足裏のマッサージ



足底筋膜炎に対して十分な知識のない治療院では、
患部を強い刺激でマッサージすることがよくあります。


アーチが崩れることで、
足底筋膜は、引っ張られて、古いゴムのようになっています。
弱っている部分にマッサージすることで、
古いゴムのようになった足底筋膜はダメージをうけ悪化していきます。
患部または、患部に近い部分に極力ふれないことが回復の近道になります。



その④ 足裏のストレッチ



足底筋膜炎の場合は、
足の縦アーチが崩れ、足裏筋膜が引っ張られた状態です。
その部分をさらにストレッチすると痛い部分がより引っ張られ、
悪化してしまいます。


ストレッチをする場合、膝や、股関節や、腰など、
痛む部分以外の下半身のクッション性を取り戻すことで、
間接的に足裏をゆるめる方法をとるのが最適です。


足裏のストレッチは痛みをとるためにではなく、
治ってから、再発防止のためにやるようにしてください。


足が痛いときはマッサージは逆効果


ここまでの、まとめ



いかがでしたでしょうか。
一般的によいとされている足底筋膜炎の対策のほとんどは、
逆に悪化、慢性化させる原因になっていたのです。


足裏に痛みを感じた時は、まずは、
病院で診断をうけて、腫瘍やリウマチなどによるものでないか確認し、
上記のようなケアをしないように気をつけてください。


そして、
次にご紹介する、生活習慣を改善してみてください。
足底筋膜炎は、足の問題ではありません。
結果として、足に痛みがでているだけで、
原因は生活習慣にあります。


ここでは、足底筋膜炎になった方への、
生活習慣の改善ポイントをお伝えします!


足が痛いときは生活習慣を見直す

今日からできる足底筋膜炎のための生活習慣の改善ポイント3選!



足底筋膜炎は、
背骨のs字湾曲や股関節などの、体重を分散するクッション性が低下することで、
足に負担がかかるようになって発症します。
では、もともと、なぜ、背骨や股関節が固くなってしまったのか。
それは、生活習慣に問題があったからなんです。
生活習慣を変えるだけで、あなたの痛みはグッと楽になります!



生活習慣改善 その1 毎日、しっかりと湯船に浸かる



今まで、2500人以上の足底筋膜炎の方を見てきました。
その中で気がついたのは、

来院される方の8割は湯船につかる習慣がなかったのです。
毎日湯船に浸かることで、こんなメリットがあります。


足が痛いときは温める

①リラックス効果で筋肉がやわらかく!



お風呂に浸かることで、
心身がリラックスすると、自律神経の副交換神経が優位になり、
ガチガチになった筋肉がゆるみ、痛みが取れやすくなります。



②温熱効果で、足底筋膜炎の天敵、冷えを改善!



足が痛くてお困りの方は、よく、
「オフロに入ったあとは不思議と痛みが減るんです!」
とおっしゃる方が多いです。
実は、足底筋膜炎には冷えは天敵。
忙しい毎日でも、しっかり湯船につかって、冷えを改善しましょう!


脱・冷え生活のススメ>>>>


足が痛いときは温める

③交代浴で自律神経を整える!



ゆっくりお風呂に使って、十分温まったら、
最後にさっと水シャワーを浴びることで自律神経が整います。
また、毛穴を引き締めることで保温効果も高まります。
(はじめは、足だけにお水をけるなど無理しないようにしてください)



生活習慣改善 その2 食生活を見直す! 



「体重が重すぎるから、足が痛くなる」
そう思っている方も多いのではないでしょうか。


実際に痩せると痛みが軽減する人も少なくありません。
しかし、痛みが軽減するのは、体重が減ったからではなく、
食生活を改善したことが痛みの軽減につながるんです。

食生活の見直し その①食べすぎないようにする



東洋医学では、内蔵と筋肉とは密接なつながりがあると考えられています。
特に、足の縦アーチに当たるところは、
消化器系の内蔵と関連が深いのです。


過食だったり、よる寝る前に食べると、
寝ている間に消化にエネルギーが必要となるために、
筋肉には、エネルギーが行き渡らなくなります。


朝起きたときに一歩目が痛い。
というのは、消化にエネルギーが必要で、
筋肉までエネルギーがまわらなくなった状態だから起こる現象なんです。


お仕事で食事が遅くなったりする場合は、
翌朝は味噌汁だけにするなど、胃や腸を休ませる時間をつくってみてください。


食生活の見直し

冷たい飲み物、食べ物を控える



入浴のところでもお伝えしましたが、
足底筋膜炎に冷えは大敵です。
冷たいお茶、キンキンに冷えたビールなどを多く摂取すると、
内蔵が冷え、それによって筋肉がまでが固くなってしまいます。


なるべく、暖かいのみもの。食べ物を取るように心がけてください。


足の痛みと食生活

まとめ



足が痛くてたまらない足底筋膜炎。
人間の意識は痛いところに向かいがちですが、
本当の原因は、生活習慣の積み重ねで、
内蔵や筋肉が固くなっていくことが原因なんです。


今回ご紹介した、
入浴や、食事の改善をするだけで痛みはかなり改善します。
ぜひ、今日からはじめてみてください。


足底筋膜炎を早く治すためにできること

当院での施術を検討されてる方へ



来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の運動ができる程度まで改善される方が多いです。


ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、
もう少し回数がかかることがあります。


まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。


はじめての方へ