ずっと立ってると”足裏が痛い!奈良市のAさんの症例。

お困りの症状

奈良からご来院のAさん。50代、女性。
お仕事は工場での検品作業。
ほぼ一日、同じ場所で立って作業をされています。

半年ほど前から、1,2時間たってると、じわっと踵に痛みを感じるようになり、病院で足底腱膜炎と診断。

2ヶ月ほど整骨院に通っても改善がなく、徐々に悪化していくようなので、ご紹介で来院されました。

足底筋膜炎の治し方

施術と経過

初回の施術後

来院されたときは、歩くたびに踵の内側が痛い状態でしたが、施術後は、10-0に変化。腰の重ダルさも消失

2回目(一週間後)

「やってもらったときは楽になりましたが、4日後ぐらいからまた痛くなってきました」

立ち仕事ということを考えると順調だと思います。
この日も、足裏、腰とも痛みはゼロになり終了。

3回目(一週間後)

「腰の重いのは感じなくなってきました。足は楽になってきましたが、夕方になると痛みがでてきます」
腰の痛みはほぼなくなり、足裏も感覚的には半分以下ぐらいになったそうです。

4回目(一週間後)

「前回やってもらってからは、違和感程度になってきました!」

5回目(3週間後)

「もう大丈夫そうです!ウォーキングもはじめましたが全然大丈夫でした!」

経過もよく、問題なさそうなので5回で施術は終了しました。

足底筋膜炎の治療法

原因

今回の症状の原因は、

・冷え(工場の環境的なもの)
・内蔵の冷え(飲み物によるもの)
・精神的なストレス

この3つが原因のようでした。

足裏の痛みと治し方

まとめ

東洋医学には、五労という考え方があります。

長くなるので全部の説明は省きますが、立ち仕事の疲れを「久立」(きゅうりつ)といい、久立がすぎると腎をいためるといわれています。

腎(じん)は、骨とも関係し、腎の経絡は、足裏を通っているため、直立の姿勢で仕事をしている人は、どうしても足裏に症状が出ることが多いんです。
西洋医学と東洋医学は見方が全く違いますが、慢性の痛みに関しては、東洋医学のほうがあっていると感じます。

 

 

お問い合わせは

京都市中京区西魚屋町592−1コーポ澤吉301

TEL:075-251-0266

営業時間
10:30〜18:00
定休日
10:30〜18:00
10:30〜18:00
定休日
10:30〜18:00
10:30〜18:00