あなたと一緒に辛い足の痛みと向き合う、足の痛み專門の整体院

足底筋膜炎の原因と治し方

足底筋膜炎を早期に改善するためには、
本当の原因と治し方を知る必要があります

少し長くなりますが、専門用語をなるべくつかわずに、
わかりやすい表現を心がけていますので、ゆっくり読んで下さいね。

足底筋膜炎の原因と治療法

 

足底筋膜炎とは 

足が痛いときは何科にいくべき? 

まずは、整形外科にいきましょう。足の痛みには足底筋膜炎以外にも、
リウマチなど、他の病気の可能性もありますので、
まずは病院にいくことをおすすめします。

足底筋膜炎の原因と治療法

どんな人がなりやすい? 

・体重の増加
・運動不足
・加齢

一般的に上の3つが原因だと言われています。

足底筋膜炎は50歳から60歳ぐらいの方に一番多いですが、
マラソンのような運動をしている方もなりやすく、
痩せている人も多いため単純に太っているとか年齢問題ではないと考えています。

足底筋膜炎はどんな症状? 

足底筋膜炎の症状として一番多いのは、朝起きたときの踵の痛みです。

朝起きたときの一歩目や、座っていたあとの一歩目に
足裏のかかとや土踏まずの部分が痛くなります。

歩いているうちに痛みが減っていくことが多いですが、
慢性化するにしたがって、朝だけでなく、歩行しているとき、
家事などでずっと立っているときなども強い痛みがでるようになります。

 

足底筋膜炎の原因とは

どれぐらいの期間で治る? 

通常は、数ヶ月から数年で自然治癒するといわれていますが、
人によってまちまちで、10年以上痛みを抱えている方や、
車椅子で生活される方もおられます。

 

足底筋膜炎はどんな治療方法がある? 

・足裏のストレッチ
・アイシング
・足裏のマッサージ
・インソール
・電気治療
・テーピング
・注射
・手術

この8つが、足底筋膜炎の代表的な治療方法ですが、
これらの治療をしても、足底筋膜炎が改善するまでに、
一ヶ月から数年かかると言われています。

足底筋膜炎の治療院えらび

足底筋膜炎は手術が必要? 

足底筋膜炎でお悩みの方は50万人程度おられるといわれていますが、
手術するのはその中の1%程度です。
手術は特殊なケースで、殆どの方は保存療法を行います。

詳しくはこちらもご参照ください

足底筋膜炎の原因と治療法

知っておきたい【足底筋膜炎の2つの原因】

足底筋膜炎の原因と治療法


足底筋膜炎は大きく分けて2つの原因
があります。
まずは、なぜ足の裏が痛くなるのか、その原因からみていきましょう。

 

足底筋膜炎の原因 その1 【フクラハギやアキレス腱の血行障害】 

足底筋膜炎の人に共通するのは足首の動きの悪さです。
そのことから、足底筋膜が疲労する要因のひとつは、
アキレス腱の固さだと考えられます。

アキレス腱とは、身体の中でもっとも強い靭帯で、
フクラハギの2つの筋肉(ヒラメ筋とヒフク筋)と踵(かかと)の骨をつないでいます。

ギリシャ神話のアキレスの唯一の弱点ということから名付けられました。
本来の瑞々しい水分を含んでいるときは柔軟性があって丈夫ですが、
足首に負担がかかり、疲れがたまったり、血の流れが悪くなるとがおこると固くもろくなります

足底筋膜炎の治療法

アキレス腱が固くなるとどうなるの? 

アキレス腱は、フクラハギと踵(かかと)の骨をつないでいるため、
ここが固くなると、足裏をひっぱり負担をかけます。

足底筋膜炎のかたは、ふくらはぎも痛いという方が多いのは
アキレス腱と足底筋膜との関係によるものだと考えられます。

足底筋膜炎の原因はアキレス腱の固さ

 

アキレス腱が固くなる3つの要因 

1,足への疲労の蓄積 

米国足病医協会によると、
人間は歩くだけで足には体重の1.2倍の重さがかかるといわれています。

60キロの人で、72キロの重さが片足にかかるということになります。
厚生労働省の調べでは、男性の一日の平均歩数は約7000歩、
女性で約6000歩だといわれています。

およそ、一日に400トンから500トンもの負担が蓄積することになります。
ジョギングをされる方や、立ち仕事で、一日中、足に負担がかかる方は、
さらに足の疲れがたまりやすくなります。

足底筋膜炎の原因

2,冷え 

冷え性の人や、季節的に気温がさがると、
足裏の痛みを訴える一が多くなります。
足が冷えることで血行が悪くなりアキレス腱の水分が不足し柔軟性を失います。
それによって、足底筋膜が後ろに引っ張られて負担がかかり痛みがでやすくなります。

 

3,身体の固さによって全身のクッション性が落ちる 

体重は本来は、背骨のS字のカーブの弾力で支えています。

しかし、疲労などで背中の筋肉が張ってくると、背骨の弾力が失われ、
体重が足にかかってしまいます。
小さな足のアーチだけでは体重を支えきれないため、
アーチが崩れてアキレス腱と足底筋膜に負担がかかります。

足底筋膜炎のち療法

ここまでのまとめ

 

足底筋膜炎の原因は大きく2つにわかれますが、
1つ目は、アキレス腱の固さです。

アキレス腱の固さは
・足へ掛かる負担
・冷え
・背骨のクッション性の低下

この3つの要因によって固くなり、足底腱膜を引っ張ることで、
足裏の痛みを引き起こします。

足底筋膜炎の原因と治療法

 

足底筋膜炎の原因 その2【治療による2次的な悪化】 

一般的に行われている足底筋膜炎の治療の方法は、
ケガに対する治療法です。足の痛い部分に、

・足裏のストレッチ
・アイシング
・足裏のマッサージ
・インソール
・電気治療
・テーピング
・注射
・手術(体外衝撃波)

などの処置をします。血行不良で、古いゴムのようになった足底筋膜に、
マッサージやストレッチを継続的に行うことでより痛めてしまいます。

足裏のいたみは、頭痛や生理痛と同じ慢性の痛み

そのため、ケガとはもともと治療法がちがいます。

足の痛みでお悩みの多くの方は、間違った治療によって悪化していたのです。

 

足底筋膜炎の間違った治療法

 

痛みは骨棘(こつきょく)が原因ではありません 

足底筋膜に体重がかかり続けると、足裏の縦のアーチがつぶれて、
足底筋膜が踵の骨を引っ張ります。その状態がながくつづくと、

骨棘という骨が形成されることがあります。
その骨棘とよばれる骨が痛みの原因だと考えておられる方がとても多いです。

画像を見せられて、骨が原因なんていわれるとドキッとしますよね。
しかし、実際には骨にくっついている足底筋膜がひっぱられて痛むだけで、
骨が痛むわけではありません。

 

痛みの原因は骨棘ではない

 

まとめ

長引く足の痛みは
・アキレス腱の固さ
・足裏を刺激する治療

この2つが原因だったんです。
では、ケガではない足裏の痛みは、どうやって治していけばいいのでしょうか。

足底筋膜炎の治療方法

今日からできる、足底筋膜炎のケア3選! 

足底筋膜炎の足の痛みは、
捻挫のようなケガの痛みではなく、頭痛や生理痛に近い慢性痛です。

まずは、アキレス腱などの足の周囲の固さを和らげ、
自律神経を整える、今日からできる対処法をお伝えいたします。

 

足底筋膜炎の治療法 その1「足首回し」 

足底筋膜炎の原因の一つは、アキレス腱の固さです。
まずはこのアキレス腱の固さをなんとかする必要があります。
それには、
この足首まわしが最適!

足首回しのやりかた

足首を大きく、ゆっくりと回すことでアキレス腱やフクラハギの筋肉をゆるめ、足底腱膜への負担をやわらげます。

大きくゆっくりと15回ぐらい。逆回りも同様におこなってください。
もし、パートナーがおられる場合は、受ける一は四つん這いになって行うと、
よりいっそう効果があります。

足底筋膜炎のための足首回し

 

足底筋膜炎の治療法 その2 「フクラハギのマッサージ」 

足の裏が痛い場合、足裏を直接マッサージすると悪化の可能性が高くなります。
フクラハギの筋肉は、アキレス腱や足裏と深いつながりがあります。
ふくらはぎをやさしくマッサージすることで、
足裏を間接的に緩めることができます。

フクラハギのマッサージのコツ!

マッサージのコツは、強く揉まないこと!
強くやると効くような気がしますが、強いマッサージをすると、
筋繊維が傷ついてしまい、再生するときには余計に太くて固くなってしまいます。

足底筋膜炎の治療方法

足底筋膜炎の治療法 その3 「ゆっくりお風呂につかる」 

入浴には自律神経を整える作用があります。
痛みや疲れで緊張した身体を、リラックスモードに変えるスイッチになります。

湯船につかることで血行がよくなり、
冷えも改善し痛みがとれやすくなります。

 

足底筋膜炎の治療院

ありがとうの声 

ここで、あなたよりも、一足早く、足の痛みから卒業した方の、
声をお伝えしたいと思います。

足底筋膜炎とマラソン 

 

足底筋膜炎の治療

 

院長 稲村の感想 

福岡からご来院のトライアスロンをされている山千代さん。3ヶ月ほどまえから、
足が痛く病院で足底筋膜炎と診断される。

はやくトレーニングしたいということで、九州から来院されました。
施術は一回目でほぼ痛みがなくなり、
2回目のセルフケアコースでケアの方法をお伝えしました。

「次回は肩こりで困ってる家内もつれてきます!!」

とおっしゃっていただきました。次は100キロマラソンにも出場されるそうです。
奥様、息子様もご紹介いただきました。

 

 

たち仕事と足底筋膜炎 

院長稲村の感想 

「痛くて歩くだけで辛いです」

伏見区からお越しのクライアントさん。
立ち仕事をしておられるが、痛みのために歩行が困難。

仕事がしづらい状態になり来院されました。
初回の施術で痛みが減少、3回目でほぼ痛みがない状態になりました

計4回、約一ヶ月の施術期間で
無事にお仕事ができる状態になられました。

 

足底筋膜炎は短期間で改善します

足底筋膜炎は、痛い部分には原因のない慢性の痛みの一種です。
しかし、今まで足底筋膜炎は、
痛い部分に原因があるということが前提の急性痛の治療をされてきました。
代表的なのは、

・足裏のストレッチ
・アイシング
・足裏のマッサージ
・インソール

などです。そのため原因は解決せず、症状は改善しなかったのです。
足底筋膜炎は、慢性痛を治すための正しい治療を行えば、
ほとんどの場合は一ヶ月以内に改善します。

 

痛みがおしえてくれること

痛みがあると、毎日が辛いです。好きなこともできないし、
仕事や家事も何倍も大変。

いつ治るのかもわからないし、日々、ストレスがたまります。
でも、痛みは、体を守るための信号です。

暑さや寒さ、痛みを感じることで、人は自分の体を守ることができます。
では、今の痛みは、私達に何を知らせようとしているのでしょうか。
少なくとも、あなたの心身が悲鳴を上げている声なのは間違いありません。

今、足が痛くなることで、将来なにかの病気にかかるのを
防ぐために身体が早めに知らせてくれているのではないでしょうか。

せっかく体が教えてくれたのだから、生活習慣や環境も見直し、
今回の痛みを健康改善のチャンスに変えましょう。

踵の痛みがおしえてくれること

 

当院での施術を検討されてる方へ

足底筋膜炎で来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の生活ができる程度まで改善される方が多いです。

ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、
もう少し回数がかかることがあります。

まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。

足底筋膜炎・はじめての方へ