Top / 長い間、足の痛みが治らないあなたへ

長い間治らない足底筋膜炎でお困りのあなたへ

・ずっと治療に通っているけど変化がない

・もう一年以上痛い

・踵じゃなくて指の付け根や他のところが痛い

・足裏に小石がはいったようにごわごわする

・痛みが日によって場所がかわる


あなたは、こんな痛みでお困りではないでしょうか?


足底筋膜炎専門院


はじめまして、脚の痛みの専門家の稲村と申します。
まわりにはあまりおられないかもしれませんが、
長く続く足底筋膜炎でお困りの方は意外と多くおられます。


あまりにも長期間つづくため、
周りの人に理解してもらえなかったり、
仕事を続けることができなくなったり、
本当に困りますよね。

でも、心配しなくても大丈夫です。



なかなか治らない足底筋膜炎も、
ほとんどの場合は、原因を知り、適切に対処することで、
改善します!


足底筋膜炎でお悩みの方へ

ひとによって違う、自覚症状 5選



長期間、治らない足底筋膜炎は、
ネットで検索したような、


「朝起きたときに踵がいたい」
「一歩目が痛い」


とは違う痛みがでることがあります。
「あれ?私とはちょっとちがうな・・」

人と違うと、なんとなく気になりますよね。
一口に、足が痛いといっても、実は様々な症状があります。


足底筋膜炎にはいろんな症状がある

1.土踏まずが痛い



アーチ痛といって、足底の縦アーチに負担がかかることによって
痛みがでるケースです。
多くは、着地するときよりも、歩いたり、地面をけるときに、
足裏に引きつるような痛みがでるのが特徴です。

2.指の付け根がビリっとする



足底筋膜炎と診断される方のなかにも、
指の付け根がビリっと痛い。という方がよくこられます。
これは、別名モートン病とも呼ばれる症状です。
踵ではなく、指に近い症状のほうが経験上治りづらいと感じています。


モートン病

3.足だけじゃなくふくらはぎや腰までが痛い



痛みをかばっているうちに、周囲の筋肉が緊張し、
他の部位まで痛みが連動するパターンです。

4.足裏に小石がはいったような違和感がある



65歳以上の方に多いタイプの症状。
歩くたびに、足の裏に小石がはいったようなジャリジャリ感を感じます。
足裏にゴムが張り付いたような違和感を感じたり、
ビー玉が入っているという表現をされる方もおられます。


画像の説明

5足がムズムズして気持ち悪い



寝る前に起こりやすいですが、なんとなくダルかったり、
ムズムズして寝付きにくかったり。
表現しにくい違和感が特徴です。
むずむず脚症候群といわれる症状です。

治りづらい足底筋膜炎の2つの原因



治りづらい足底筋膜炎には、大きく分けると
2つの原因があります。
治すためには、まずは、原因を知る必要があります。
一つずつ見ていきましょう!

原因その1 内臓機能の低下



「内臓と足なんて関係ないんじゃない?」


そう思う方も多いかもしれません。
しかし、実は大いに関係があります。


長く続く、足底筋膜炎みの原因の多くは、
内蔵と筋肉との関連によって引き起こされてるケースが多いです。


筋肉と内蔵の関係を理解するには、西洋医学より、
東洋医学のみかたのほうがわかりやすいと思います。
東洋医学では、経絡という筋肉のラインが体中を走っています。


足底筋膜炎と経絡


そして、これらは、一本ずつ内蔵の名前がつけられています。
東洋医学では、この経絡と内臓とが関係していて、
内蔵の機能が低下すると、この経絡付近の筋肉が固くなると考えられています。


昔から、東洋医学では、「腎が虚すと足裏が痛む」といわれていて、
足裏の痛みと内蔵の働きの関係性が指摘されていました。


原因 その2 他の病気によるもの



痛みは、心身症の可能性もあります。
例えば、うつ病。
うつ病は、落ち込んだり、やる気がなくなる、体が重い、という症状ががでることが多いですが、
筋肉や関節の痛みの症状がでることが少なくありません。
足の裏の痛みも、心身症の可能性もあります。


また、リウマチの症状で足の裏が痛いという方も、
おられます。
痛みが長引く場合、セカンドオピニオンをうけることをおすすめいたします。


足の裏の痛み

ご家庭でできる!2つの【足底筋膜炎】対策 



「足の痛みがもう何年もつづくんです」
「どこにいっても全然治らない」


意外に思われる方も多いと思いますが、
なかなか良くならない足底筋膜炎や足の痛みを訴える方に、
共通するのは、

1,不眠、寝不足
2,冷え

心地よい睡眠をとり、冷えを改善することで、自律神経を安定させ、
足の痛みは改善しやすくなります。

足底筋膜炎が治らない人のための快眠対策 


その1 「ゆったりめの靴下をはく」



眠りが浅かったり、眠っても疲れがとれない方の場合、
冷えが影響している可能性があります。


無意識のうちに、足が冷え、それが睡眠に影響してることが多いです。
そんな方の場合、
自然素材でできた、ゆるめの靴下をはいて寝ることで、
とても心地良い質の高い眠りがえられます。


足底筋膜炎と靴下

靴下の選び方 2つのポイント


1.自然素材のものを選ぶ



綿や絹、麻など、自然素材のものを選びましょう。
化繊はどうしてもムレやすく、無意識のレベルで不快感がありますが、
自然素材のものは肌に優しく、とても快適です。

2.ゆったり目のサイズがベター



肌に密着しすぎたり、着圧が強いと、
体は不快感を覚えて緊張します。
靴下をはくと気持ち悪いというかたの多くは、
キツめの靴下を着用している事が多いです。
体を緊張させない緩めの靴下を選びましょう。


緩めの靴下を履きましょう

その2 「耳栓を利用する」



外からの音の刺激によって、意識が高ぶり、
睡眠が浅くなるケースがあります。
その場合、耳栓を利用すると、外の音が遮断されて、
とても良く眠れることが多いです。
耳栓は、硬いものではなく、手で形を変えることができる、
低反発タイプがおすすめです。



足底筋膜炎が治らない人のための冷え対策 

その1  半身浴でポカポカ



足底筋膜炎にもう一つ共通するのは冷え。
足が痛い人はシャワーですます方が非常に多いです。
のぼせない程度の温度で、
できれば20分ぐらいお風呂にゆっくり浸かりましょう。
それだけでも、どんどん回復していきますよ。


足の痛みには半身浴

その2 おなかに”貼るカイロ”をはる



女性は特に下腹部が冷えます。
冷たいものを飲みすぎたり、夏のエアコンの影響で冷えたり。
おへその下に、小さめの貼るカイロをはることで、
冷えの影響をグイグイ取っていきます。


その他にも気をつけたい生活習慣のポイントはこちら



今日から実践!足底筋膜炎効く!生活習慣の改善ポイント3選


足の痛みのための生活習慣



【絶対に知っておきたい】改善のためのルール

ここで、足底筋膜炎を治す上で、あまり知られていない大切なルールがあります。
それは、治すための順序です。
これを間違ってしまうと、とても治りづらくなってしまいます。

治すための順序は、

1、効果のないセルフケア(治療)を中止する
2、適切な治療(セルフケア)を受ける
3、適度な運動をする

この順序を守ることが大切です。もし、適切な治療を受けていても、
悪化するようなセルフケアを毎日続けていたら元の木阿弥です。

また、痛いのに無理して運動すれば、
適切な治療をしていても、なかなか良くなりません。

画像の説明

まとめ



いかがでしたでしょうか。
長引く足の痛みの原因は、実は、足にはなく、
生活習慣によって内蔵の機能が低下することだったんです。


足が痛いと、足に原因があると考えがちです。
そんなとき、

・アイシング
・足裏のマッサージ
・足のストレッチ

など足のケアをしがちですが、これらは、痛みの解決どころか、
逆に、悪化してしまう可能性があります。


足が痛いときはマッサージは逆効果



痛みがおしえてくれること

痛みがあると、毎日が辛いです。
好きなこともできないし、
仕事や家事も何倍も大変。
いつ治るのかもわからないし、
日々、ストレスがたまります。


でも、痛みは、体を守るための信号です。
暑さや寒さ、痛みを感じることで、人は自分の体を守ることができます。
では、今の痛みは、私達に何を知らせようとしているのでしょうか。

生活習慣を見直す必要があるのか。
根本的な体のケアを必要としているのか。
少なくとも、あなたの心身が悲鳴を上げている声なのは間違いありません。

今、足が痛くなることで、将来なにかの病気にかかるのを
防ぐために早めに知らせてくれているのかもしれません。

せっかく体が教えてくれたのだから、
生活習慣や人間関係も見直し、今回の痛みをチャンスに変えましょう。


痛みがおしえてくれること


当院での施術を検討されてる方へ



来院される方は、平均的には3回程度の施術で、
普通の運動ができる程度まで改善される方が多いです。


ただ、痛い部分にマッサージをしていたり、
ストレッチなどで刺激をしている場合は、
もう少し回数がかかることがあります。


まずは、【はじめてのかたへ】をよく読んでいただいてから、
ご来院をおねがいいたします。


はじめての方へ